SLE 全身性エリテマトーデスの検査内容

sle(全身性エリテマトーデス)の検査2

今回は SLE大学病院へ行った私の検査内容についてお話します。(^^)
前回 書いたように SLE の症状は全身に渡って様々な症状が見られ個人差もあることから検査も多く、少しの異常が見つかればその部分を精密検査することの繰り返しでした。(^^;)

スポンサーリンク

SLE は膠原病の専門医がいる病院へ

大学病院へ到着し何も分からないので総合案内でいきさつを説明し内科の膠原病科を案内されました。

聞き慣れない膠原病(こうげんびょう)と聞くと、

「高い山に登ってかかる病気ですか?」

「いや、それは高山病です!」 

といった やりとりがお約束のようですが(笑)


さて、検査ですが
まず、毎回受けなければいけないのが
血液検査尿検査 です。

血液検査は調べる項目が多く採取する量もハンパじゃありません!
SLE で重要なのが血液中の抗核抗体を調べ通常の何倍か?を調べるのですが、私の場合は薄めても薄めても数を計れないほど値が高いらしく結果が出ませんでした。(^^;)

この時点で担当医から
「今からすぐに入院の手続きをして下さい」
と言われてビックリしました!Σ(゜ロ゜;)!!

私 :「どのくらいの期間ですか?」
医者「最低でも3ヶ月になります」
私 :「遠いから家族に迷惑かかるので通院で治療できませんか?」
医者「お住まいの地域には膠原病専門医がいないので緊急時に適切な対応ができませんよ。」
私 :「入院と通院での治療の違いは何ですか?」
医者「在宅治療の場合は強い薬を出せません。」
私 :「入院の場合は、強い薬を使うということは副作用もきついということですか?」
医者「副作用で最悪の場合は腎不全になります。しかし何もしないで症状が悪化するよりはいいでしょう?」

ここまで質問して不安がよぎりました。
本当にやさしい先生で自宅まで心配して電話してくれる方なのですが

ブラックジャックによろしく

以前に読んだ漫画の「ブラックジャックによろしく」の内容を思い出してしまいました。
大学病院の研修医の奮闘を描いた物語で病院の裏の顔を生々しく描いた漫画です。
作者の好意で今は無料で読むことができるのでApple Store楽天ブックスなどから無料ダウンロードできますよ♪(^_^)v


試してみたかった民間療法を前知識として持ってたため
入院についてはお断りすることにしました。

それでも毎回通院のたびに、
「尿検査で腎臓に異常があれば入院していただきます。」と言われ続けてます。(^^;)

SLEの症状や進行度は人それぞれですから、私が通院での治療を選んだから他の方も大丈夫という訳ではありません。

 大学病院での検査開始

初日は
レントゲン CT 心電図 心エコー 
下腹部に異常が見つかり婦人科へ行き、
子宮がん検査エコー →次回 MRI の予約。

正月休みの間も薬の効き目を確かめるため、
急患外来採血採尿

年が明けて
「所見あり」 の箇所がわかり 臨床調査個人票 ができたので保健所へ申請に行きました。


ざっと上記までが 
SLE 全身性エリテマトーデス と診断されるまでの検査で、
ここからは「所見有り」の箇所への精密検査に入ります。

私の場合は、

下腹部のMRI
腹部CT
レントゲン
脾臓を調べるための腹部エコーMRI
ステロイド薬の影響を調べるための胃カメラ
腎生検 (腎臓の組織を採取しての検査)は訳あってできませんでした。(次の記事にします)


全ての検査が無事終了すれば
あとは薬物治療(経口ステロイド)のみなので
通院回数も月1.2回に減らすことができます。

とはいえ、ステロイド治療が一番辛いと思います!


次回は SLE の処方薬と副作用について書く予定です。



私は SLE全身性エリテマトーデスと闘うために
★サメミロン★ を飲んでいます。

SLEの記事

スポンサーリンク

このページをシェアしてくれたら嬉しいな~(*'∀'人)

テスト
おじぎ猫 訪問ありがとうございました。

お知らせ
スパムが多いため、コメントは承認制になっています。
確認次第、承認と返信をいたしますね。(^^)/

My Youtube
石巻貝を助けるコリドラス 石巻貝を助けるコリドラス
morphing morphing
恐竜体操で食べられた!? 恐竜体操で食べられた!?
ゴジラのパロディ ゴジラのパロディ
アナと雪の猫王 アナと雪の猫王
Prince PURI #2 Prince PURI #2
トカゲ酒飲んで変身!! トカゲ酒飲んで変身!!

 15日月末ポイント消滅 !? 確認はこちら 楽天市場

コメント

  1. Youichi Satou より:

    こうげんびょうのくだり、楽しかったです。
    全ての病気に共通する事ですが、血で精密検査結果が分かるんですね。
    検査項目も何種類もあり、病気が特定できてまずは治療方針に従って治療ですね。
    色々とリスクはありますが、何もしなければなにも変わらないので、前向に。
    でも、ほんと、月1~2回の通院ならほんと良いですね。
    そうなることを願ってます。
    頑張って!

    • Reira Carreon より:

      Youichiさん こんばんは(^^)/
      いつもありがとうございます♪
      今では発見の難しい早期ガンを匂いで見つけることができる「ガン探知犬」もいるらしいですよ。(^^) ただ研究結果はよくても認知度や援助がないため一般検診にはまだまだ難しいみたいだけど。
      今はなんとか月1~2回ペースになりました(^_^)v
      ただ薬の副作用がひどいからステロイドを少し減らすことで免疫抑制剤を代わりに飲まないといけないから感染症などに気を付けないといけないので副作用と合わせて結構大変だったりします。(^^;)

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

トップへ戻る