四国の栗焼酎について。(高知県の絶品珍味の続き) 

高知県の珍味

① 「つまみ編」のつづきです。
高知県といえば、
酒の消費量が日本一の酒豪の多い県。
酒の早飲み大会なども有名ですね。
美味しい日本酒も当然多いのですが、私は焼酎 が好きなため、今回紹介するのは この栗焼酎 「ダバダ火振」です。

スポンサー


 清流・四万十川の地酒 栗焼酎「ダバダ火振」

好きな焼酎は何? と聞かれても、

カテゴリー分けしないと答えられないほど
種類が多い焼酎の中で、

栗焼酎といえば、この 「ダバダ火振」

初めは「栗」の焼酎? と聞くと、
ケーキのモンブランのような味を思い浮かべてしまいますが

飲んでみると、

ほのかに香る栗の香と甘み。
そして甘さを引き締める本当に微かな栗の皮の渋み。

 おそらく、栗を使った菓子や料理など色々とある中で、
これほどまで栗の味の上品な楽しみ方を追求したものは

栗焼酎が一番だと私は思いました。

 四国の栗は美味しいの?

四国には、この高知県の「ダバダ火振」意外にも美味しい栗焼酎があります。

その前に、
「ダバダ火振」の最上位ランクに位置する

「四万十大正」という、
まるで栗のブランデー?のようなアルコール度数35度の長期熟成させた銘酒も忘れてはいけません。

「焼酎銀行」 という面白い銀行もあるらしく 焼酎を買えば預金が貯まるそうです(笑)


愛媛県 といえば「栗タルト」でも有名な栗の産地。

そこで美味しい栗焼酎を製造してる会社が「媛囃子」 です。

長期熟成の「奥伊予」「おくりおくら」 など

「ダバダ火振」に決して劣らない美味しくて、
まろやかさでは こちらの方が勝った感じのある女性向き的な味わいの焼酎です。

しかし、蔵人だけが密かに楽しんでいたと言われる
「初留垂れ(はなたれ)」焼酎 「山音」  は、
決して女性的ではありません!

知人が伊予へ行った折、
道の駅で売られていた この限定焼酎をお土産として買ってきてくれたので飲むことができましたが、
焼酎はいつもロックで飲む私は度数を確かめず、いつも通り口にして むせ返ってしまいました。

なんとアルコールが44度もあるじゃないですか!

でも、ハナタレを薄めては価値がありません。
洋酒のつもりになって飲み方を変え舌で味わいながら口へ運べば凝縮された芳醇な栗の香の余韻を堪能することができる本当に美味しいお酒でした。(^_^)v

 


徳島県 も栗の産地で有名です。

栗焼酎は私はまだ飲んだことがなく、販売している店も少ない 四国の秘峡から名付けた焼酎

 「祖谷」(いや)

「祖谷のかずら橋」で有名で私も行ったことがある四国の秘峡です。

祖谷そばも有名で、つなぎを使用せず作られた蕎麦は濃厚でとても美味しい私の大好きな蕎麦です。

同じ「祖谷」の名で蕎麦焼酎も販売してるらしいです。


香川県  には

栗焼酎があるのかちょっと知らないのですが
国指定の特別名勝の庭園の中では最大の広さを誇る

「栗林公園」 があります。

※その昔、多くの栗の木が植えられたため「栗林」と名付けられたらしいですが、今では栗の木は少ししかないそうです。


最後に、

私が好きな焼酎には、

麦 ・ 芋 ・ 蕎麦 ・ 栗 ・ 米 ・ 胡麻 etc

色々あり、気分や料理などで種類を変える楽しみは
ワインの比ではありません。

いつも美味しい焼酎を飲みたいと願ってますが、
残念ながら、人気の焼酎には他のお酒にもありますが

プレミアム価格というものが付いて出荷時の適正価格から大幅に吊り上げられ中々手に入れにくい価格になっていることが悲しいことです。

今回紹介した「ダバダ火振」もプレミアム価格が少し付いていて
お店により価格が多少違うようなのでお気を付け下さい。

本当に旨い!
★☆ 焼酎カタログ ☆★

このページをシェアしてくれたら嬉しいな~(*'∀'人)

テスト
おじぎ猫 訪問ありがとうございました。

お知らせ
スパムが多いため、コメントは承認制になっています。
確認次第、承認と返信をいたしますね。(^^)/

My Youtube
石巻貝を助けるコリドラス 石巻貝を助けるコリドラス
morphing morphing
恐竜体操で食べられた!? 恐竜体操で食べられた!?
ゴジラのパロディ ゴジラのパロディ
アナと雪の猫王 アナと雪の猫王
Prince PURI #2 Prince PURI #2
トカゲ酒飲んで変身!! トカゲ酒飲んで変身!!

 15日月末ポイント消滅 !? 確認はこちら 楽天市場

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

トップへ戻る