アフリカン・ランプアイについて。水槽内での家族間の愛憎劇 (動画あり)

アフリカン・ランプアイについて

かわいくて目が光って、人にもすぐに慣れ水質にも比較的強く、安価でどこででも売ってる飼いやすい魚。
アフリカン・ランプアイ
ちょうど、繁殖行動をビデオにおさめることができ、それがまるでドロドロした愛憎劇のようにドラマチックだったため記事にしてみました。(^^)

スポンサーリンク

アフリカン・ランプアイってどんな魚?

学名:「Poropanchax normani」 「Aplocheilichthys normani」
英名:「Norman’s lampeye」
分類:カダヤシの仲間
分布:アフリカ、シェラレオネ、ナイジェリア、カメルーン
体長:最大で約4cm (私のは4cm超えてます)
水温:22~27度
水質:弱酸性~中性
エサ:何でも食べます。(私はカラシン用、メダカ用、グッピー用、クリル、冷凍赤虫 を与えています。)
混泳:容易 (繁殖期になると縄張りを主張しますが他魚に危害を加えることはありません)
繁殖:雌雄がいれば簡単。増え出すと「もう生まないで!」ってなります(^^)
寿命:2~3年 (経験からですが、メスは産卵疲れで早く死ぬことがあります)

注意:ランプアイを飼ってて多いのが「飛び出し」による事故死です。
蓋をしてても隙間から飛び出してしまったという人も多いようです。

 オスとメスの見分け方

アフリカンランプアイ雌雄

ランプアイ雌雄の見分けは簡単で
背びれ尻びれの形の違いですぐに判別できます。
他にもオスはヒレが黄色っぽくなり、メスは半透明です。

動画でも紹介しますが、
雌雄で飼育すれば、時期がくれば繁殖行動に入りますが
希にメスがその気にならないこともあるようです。

私は最初、1ペアのランプアイを同じ店で購入したのですが
繁殖行動をいつまで経ってもとらないので
他店でメスだけを1匹購入して投入したところ、成熟するとすぐに産卵を始めました。
その時の店では、私がメスを選んで「この子を1匹下さい!」と言ってかなり店員さんが困ってました・・・。(ランプアイは素早くて、ジャンプもするため 選んだ1匹を捕まえるのにかなり手こずったので)

この経験とその後の経験を通して学んだことは、

オスメスは別々の店で買ったほうが近親でない可能性が高いからいいような気がします。


【動画】 アフリカン・ランプアイの産卵と繁殖戦争。

チャンネル登録してくれたら嬉しいです↓

あえて、セリフは入れませんでしたが
どうでした? ドロドロの愛憎劇に見えましたか?(笑)

動物の群れでもよく見られるようにボスは身体が一回り大きくて
このランプアイのお父さんもとても大きいです。
息子達は同じ時期に生まれたのにサイズがバラバラなのが気になりますが、
面白いのは、一番小さなオスは一番かしこくて
メスが産卵に来る場所へあらかじめ隠れて待ってたり、メスにその気がない時間帯に身体をすり寄せてアプローチしながら自己主張を繰り返します。(笑)

この動画から分かるように、
ランプアイを繁殖したいなら粘着性の卵を産み付ける水草やウィローモスをたくさん入れましょう♪

卵の孵化は遅く、約2週間ほどかかります。

食卵されたり、エビに狙われたりと無事に孵化する卵は少ないので隔離した方が確実です。
ただ、増えすぎてくると隔離する気が失せますが・・(^^;)

アフリカン・ランプアイ孵化

孵化した稚魚は水面でしばらく過ごすため隠れ家となる浮き草を入れましょう。
稚魚用のエサは、揃えてもすぐに大きくなるので
私はテトラミンなどのフレーク状エサ磨り潰して与えていました。

大きな水槽でアフリカン・ランプアイを飼育するなら群泳が絶対にお勧めです。
近場でアフリカン・ランプアイが手に入らない場合でも、
ネットなら「10匹」「20匹」「40匹」などのセットで安く販売されてます♪


おすすめ

ランプアイが「松かさ病」に!

スポンサーリンク

このページをシェアしてくれたら嬉しいな~(*'∀'人)

テスト
おじぎ猫 訪問ありがとうございました。

お知らせ
スパムが多いため、コメントは承認制になっています。
確認次第、承認と返信をいたしますね。(^^)/

My Youtube
石巻貝を助けるコリドラス 石巻貝を助けるコリドラス
morphing morphing
恐竜体操で食べられた!? 恐竜体操で食べられた!?
ゴジラのパロディ ゴジラのパロディ
アナと雪の猫王 アナと雪の猫王
Prince PURI #2 Prince PURI #2
トカゲ酒飲んで変身!! トカゲ酒飲んで変身!!

 15日月末ポイント消滅 !? 確認はこちら 楽天市場

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

トップへ戻る