世界最小のフグ ”アベニーパファー” について。

アベニーパファー

可愛すぎ!でも飼い方を間違えば憎たらしい小さな殺し屋。
飼う前の予備知識は絶対に必要です!

スポンサーリンク

アベニーパファーとは?

【体長】 2.5-3cm
【水温】 22ー26度
【水質】 弱酸性~弱アルカリ性
【食性】 活餌、冷凍アカムシ、乾燥餌(慣れが必要)
【混泳】 気性が非常に荒く、他魚のヒレをかじり、時には殺してしまうこともあります。

【寿命】 3年前後
【水槽】 小型水槽での飼育が可能ですが、水槽の大きさよりも何匹入れるかの方が問題になってくると思います。

私とアベニーパファーとの出会いは、地元のホームセンター内の熱帯魚コーナーでした。

ミナミヌマエビが水槽内で大繁殖してしまい対策を相談したところ
このアベニーパファーを勧められたのですが、初めて見る魚だったので店員に幾つか質問して購入しました。

私: 「コリドラス・パンダ」が3匹いるけど混泳させて大丈夫ですか?」

店員: 「ヒレの長いグッピーとかはダメですが、コリドラスなら大丈夫ですよ」

私: 「水槽が22cmと小さいので何匹くらいがいいでしょうか?」

店員: 「2匹でいいと思います」

このやりとりを読んでアベニーを知ってる方なら
「なんてバカな店員だ!」と思ったことでしょう。

この無知な店員の勧めるがまま購入し水槽に投入したのが悪夢の始まりでした。

およそ100匹以上いたミナミヌマエビを食べるためよりも、まるで狩りを楽しむかのごとく噛み殺し、1週間ほどで大きなエビ以外はいなくなりました。

その時はまだ私は「いい仕事をするね」くらいにしか思ってなくて
狩るエビが少なくなった頃から、1匹のアベニーがもう1匹を執拗に追いかけ回し噛みつこうとし始めました。

明らかに殺意があるようで、昼夜を問わず水槽内を追いかけています。

そしてコリドラスにも被害が及ぶようになりました。

ある日、コリドラス達のヒレがボロボロになっているのに気がつきました。
私もバカなので「 病気?」と思って観察していたら
なんと、アベニーがコリドラスのヒレをかじっているのを目撃しました!

「犯人はアベニーか!」 

ネットでアベニーパファーについて調べてみると

  • グッピーなどのヒラヒラしたヒレの魚やおとなしい魚はかじられるので混泳は不向き。
  • 縄張り意識が強すぎるため、少数での飼育より多頭飼いがよい。
  • もしくは単体での飼育がよい。

なんと購入前に店員に質問したことが全部間違いであったと知りました。

そして対策を考える間もなく次の日には、

コリドラス・パンダの1匹が目を食いちぎられ死んでいました。

可愛がっていたパンダを☆にされ、もう1匹のアベニーは虐められ続け憔悴しきっている。

心を鬼にしていじめっ子のアベニーを水槽から出しました。

アベニーが1匹になると、その後まったく被害はなくコリドラスとも仲良く寄り添って寝てる時もありました。
もちろん気弱なこの子の性格や、虐められていた時期はコリドラスの間に隠れて寝ていたからだと思いますが・・・。

縄張り意識を持たせないためにも小型水槽で混泳の場合は単体にするのが望ましい。という意見に私は賛同します。


食性について

  • ミナミヌマエビが少なくなると近所で、1匹30~60円でまとめ買いするのですが、すぐに足りなくなるので現在エビ用の水槽を設け繁殖待ちしてるのになかなか産んでくれないのでまた買いに。(T_T)
  • ガラスの掃除係として貝類を入れることもあると思いますが、ラムズホーンはあっというまにやられました。お勧めは石巻貝で突きはしますが ひっくり返らない限りは食べられることは少ないと思います。
  • 熱帯魚専門店では無いと思いますが、ホームセンターなどの熱帯魚コーナーだと掃除が行き届いてなく、スネールがガラスに付着している場合があります。何かを買うついでに頼めば無料で分けてくれると思うのでオヤツ代わりに丁度いいと思います。
  • クリル(乾燥エビ): なかなか慣れないと食べません。慣れさせるには皮を剥き沈みやすくしてピンセットで近づけながら与えています。
  • フグ専用エサ「ふぐ力」: 活き餌に慣れていると食べものだと認識もできません。

おすすめ

購入する場合

アベニーパファーだけを飼いたい場合は、ネットで購入すれば小豆ほどの小さいのが手に入るし、一緒にクリルグラニュールパッファーなどの、普通の店ではお目にかかれない珍しいエサも同梱で購入できるので便利だと思います。

混泳目的でアベニーをお迎えしたい場合の理想としては、
私がたまに行く隣の市にある熱帯魚専門店を例にだすと
アベニーパファーの水槽には多種類の魚を一緒に混泳させています。
理由を聞くと、「お客さんから苦情が来ないように混泳に慣れさせている」とのことでした。
このような店に巡り会えればラッキーだと思いますが、
アベニーも性格が様々なようなので当たり外れもあると覚悟が必要です。

購入後は

世話の仕方は他の魚と同じですが、
アベニーはその体型から見てもフワフワとじっとしているのが苦手なようで、眠る時には何かに寄り掛かるように寝ています。

寄り掛かかり身体を支えれるような水草や、流れの来ない隠れ家を用意してあげましょう。

多頭飼いの場合は派閥ができたり、ケンカしたりするので水槽が広い場合は、縄張りの境界になる水草等を充分に入れた方がよいと思います。

アベニーパファーの魅力

アベニーに対する辛口意見も独断と偏見で色々書いてきましたが、
アベニーには他の魚にない魅力がここでは書ききれないほどたくさんあります。

ざっと書いただけでは多くのアベニーファンに「足りない! 」と叱られてしまうかもしれませんが

  • 大きな特徴の1つが、目玉がキョロキョロ動くことで他の魚からは感じたことのない視線を感じることができます。
  • 自分が見る以上に魚からも見られてると意識できるので存在感が増し愛着がわきます。
  • 慣れてくると近くにきて尾を左右にゆっくり動かしながら泳ぐ様が、まるで犬が尻尾を振って喜びを表現してるかのようで本当に可愛いです。
  • ピンセットでエサをつまみ直接に与える餌付けもすぐにできるようになります。

他にも十人十色の魅力がたくさんあると思いますが、
どうぞアベニーパファーを飼ってみて、その魅力を発見して下さい。

ただ初めて熱帯魚を飼う方の場合は、魅力的な魚を飼うことよりも
水質などの熱帯魚が住む環境を作ることの難しさで苦労するかもしれません。

次回は、
アベニーパファー の驚きの行動と魅力が詰まった動画の撮影に成功したので紹介します。

こちら

最後までご覧いただきありがとうございました。

スポンサーリンク

このページをシェアしてくれたら嬉しいな~(*'∀'人)

テスト
おじぎ猫 訪問ありがとうございました。

お知らせ
スパムが多いため、コメントは承認制になっています。
確認次第、承認と返信をいたしますね。(^^)/

My Youtube
石巻貝を助けるコリドラス 石巻貝を助けるコリドラス
morphing morphing
恐竜体操で食べられた!? 恐竜体操で食べられた!?
ゴジラのパロディ ゴジラのパロディ
アナと雪の猫王 アナと雪の猫王
Prince PURI #2 Prince PURI #2
トカゲ酒飲んで変身!! トカゲ酒飲んで変身!!

 15日月末ポイント消滅 !? 確認はこちら 楽天市場

コメント

  1. Youichi Satou より:

    この投稿は見落とししてました:-|
    凄く良く分かりました。現在の自分の水槽環境ではグッピーが大繁殖中なので、混泳は難しそうですが、確かし魅力的ですね。よくショップで拝見しましが、そう言われれば、1匹の水槽での販売だったので、理由が理解できました。だからレイラさんのYoTube動画でコリドラスに恋するアベニーパファーって!なるほど~逆に凄いですね。流石です。

    • Reira Carreon より:

      こんばんは(^^)/
      アベニーの混泳は本当に難しくて、何が難しいって性格が違いすぎるのも原因で
      youtubeではアベニーにボロボロにされたベタやコリドラスなどをUPしてる人もいますが反面教師として抑止になるとはいえ、見てて可哀想です。
      そういう意味では私の「コリ恋」は確かに珍しいのですが、真似して悲惨な結果になるのも心配で冒頭に注意書きをしました。(^^;)
      でもアベニーの魅力にやられると他の魚では満足できなくて欲しいですよね♪(^^)
      アベニーだけで飼うなら小型水槽でも飼育可能ですよ♪(^_^)v

    • Anonymous より:

      うちのアベーニー達はおりこうさんです。テトラ30㎝水槽に3匹、レッドチェリー6匹、オトシン1匹、石巻貝1匹で半年飼育してますが、みんな仲良しです。あくまでうちのですが、アベニーがエビを襲うことはまったくありません。アベニーの飼育は性格だけかと・・・。
      混泳成功例もあるようにネット情報がすべてではないという事を身をもって体験中です。

    • Reira Carreon より:

      匿名さん コメントありがとうございました。(^^)/
      アベニー3匹と、他魚の混泳で仲良く暮らしてるなんて羨ましいですね♪ (‘∀’●)
      本当にアベニーは個性が分かれるので、飼ってみないと分からないため
      仰るネット情報(経験談)が全てでは無いかもしれませんが
      どうしても、混泳がうまくいかず犠牲者が出るケースが多くて
      お勧めしたら悲惨な結果で怒られた。なんてことが起こると困るので、リスクを知って貰った上でお勧めする形を皆さんとってますよね。(^^;)
      私も、このブログを書いてから以降でも自分が参加してるSNS等で
      二人の方がアベニーを飼い始め、そして二人とも混泳に失敗して他魚を殺してしまったので、どうしても、これからアベニーを飼おうと思ってる人へは おせっかいなほどリスクの説明をしてしまいます。(^^;)
      ウチのアベニーも、もう2年になりますが今でもコリドラス達と寄り添って寝てて、
      とても可愛い魅力的な魚なので、みんなが混泳に成功してくれたらいいな~♪といつも願ってます。
      3匹のアベちゃん、いつか見せて頂けると嬉しいです♪(^^)

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

トップへ戻る